• ウォーターサーバーをボトルのタイプで比較する

    ここ数年で、家庭におけるウォーターサーバーの導入率はますます上がっていっています。

    特に、引越しや子供の誕生など家庭環境が変化する際に導入を検討するという方が多いようです。


    安全で美味しい水が飲めるウォーターサーバーはこれからもそのシェアを伸ばしていくことは間違いないと言えるでしょう。

    ただ、業界が発展するという事は同時に競争が激しくなるということ。

    競争が激しくなれば価格も安くなりがちですので使う方からすればありがたいことですが、同時に、どのウォーターサーバーを選ぶのかという比較が難しくなってきます。
    競争が激しいということは選択肢も非常に多くなるという事だからです。



    そんなウォーターサーバーの比較について、今回はボトルのタイプの違いをご説明します。

    満足度の高いlivedoorニュースのお役立ち情報を公開しています。

    サーバーに装着するボトルのタイプについては、大きく分けると二種類の物があります。まず一つ目はワンウェイ型。

    これは配達された水について、使い切ったら容器を捨てるタイプのものです。


    使い捨てですのでより衛生面について安心できるのが特徴ですが、一方でゴミとして捨てる必要が出てきます。また、使用中に外気が入り込みにくい作りとなっているものが多いようです。

    そして二つ目はリターナブル型です。
    これは容器を回収して洗浄後、再利用するタイプです。


    ワンウェイ型と比較すると最大の違いはゴミが出ないこと。


    環境にも優しいのでエコを気にする方はこちらのが良いかもしれません。ただし、再利用するので洗浄するとは言え衛生面の安心感ではワンウェイ型には劣ります。



    ちなみに、費用はこちらの方が安いことが多いようです。他の比較ポイントについてもそうですが、ウォーターサーバーを選ぶときは、自分の生活スタイルに合わせてどちらが良いか考え、比較して選ぶと良いと言えるでしょう。