遺産分割協議書は、被相続人の遺言書が無い場合や自筆遺言書などの場合に、相続人全員で決定した事を記録しておくものです。


一度、遺産分割協議書の内容に同意し、署名捺印した場合の決定後は、変更は出来ません。

遺産分割協議書を作成する時は、弁護士か司法書士などに作成してもらうのですが、内容を決める時と署名をする時は立ち会ってもらいましょう。

遺産分割協議書と言う書面は、署名捺印をした後には相続において非常に大きな効力を持ってしまいます。
相続人の一人に任せてしまうと、後のトラブルに対応できなくなってしまう事があります。

遺産分割協議書の作成手順としては、最初に弁護士や司法書士に相談依頼をする。

次に相続財産の全てを調査して戴き、目録にしてもらう。



相続人全員が集まって立会人(以下立会人)の元で目録内容について話し合う。



その話し合いを記録していただき、文章にして戴く。



作成した文章に全員同意が出来たらば、遺産分割協議書としての形式で書面にして戴く。

最後に相続人全員で署名捺印をし、立会人に確認をして戴いて完了です。


注意点は、相続人全員分の書面部数を作成し、全員が一部ずつ所持をする事。

そして立会人の確認証明書と言う書面を作成していただき、全員が一部ずつ所持する事です。



最近多いのが遺産分割協議書を相続人一名が勝手に作成し、相続してしまうという問題です。

通常は、署名捺印に使う印鑑は実印で、印鑑証明も添付するのですが、印鑑偽造や勝手に使用されたなどのトラブルも多く、勝手に実印を使用されて印鑑証明を取得されると、その遺産分割協議書は有効に成ってしまい、無効の申請などを裁判所に申し立てても、難しいです。
その為に私の意見としては、遺産分割協議書には立会人の確認証明書が無い限り無効と言う法律を立法して欲しいと考えています。

相続人とは、つまり長い間一緒に生きてきた家族です。



その家族と壮絶な言い合いをしなければ成りません。


なので、家族と喧嘩をしない為にもキチンとした書面を作成しましょう。

http://www.jtsa.or.jp/
http://www.jtsa.or.jp/
http://www.houterasu.or.jp/